ぶひまる雑記

生まれてから死ぬまで使用するトイレットペーパーはどのくらいの長さになるんでしょうか

オタクに対する感情変化について

だいぶ長くなるが、私のオタク遍歴とオタクに対しての感情の変化について述べたいと思う。

私は紛れもなくオタクである。オタクと言っても様々な種類があるが、その中でもアイドルオタクをやっている。

私がアイドルオタクを始めたきっかけからまず話そう。中学生の頃ジャニーズについてJUGEMブログで情報を収集・発信をしていた。そこでジャニオタの友達からBerryz工房ギャグ100回分愛してください!を勧められる。ここで嗣永桃子に魅了された。
当時はBuono!のロッタラ!ロッタラ!がリリースされた時期で嗣永桃子がいるBuono!にハマった。そこからAKB48ブームの時代がやってきた。

Berryz工房にハマった私がAKB48を好きになるのは非常に容易ですぐ河西智美に釣られた。高校生になり、ハロモニを見ながらAKBのオタクをしていた私は(ちょうどモーニング娘。ペッパー警部を出した頃)隣の県でAKBの全国握手会があることを知り、大声ダイヤモンドの握手会へ出向くことになる。私の初現場だ。
そこで初めて見たオタク達は怖いキモい臭いの3Kでいい印象は全く持たなかった。なんで好き!と叫んでいるのか、タイガーなんとかジャージャーとは何か。なぜいい大人が少女に夢中になれるのか全く理解できなかった。その時私はアイドルを"憧れ"という目で見ており、オタクという存在を度外視していたのだ。

オタクに対する3Kの気持ちがあったが、この後私は高校2年生になるまでAKBの個別握手会にも数回参加する。オタク同士の界隈というものが怖く、1人で俯いてレーンに並んだことを覚えている。何を話したかは覚えていない。好きな人の前では上手く話せないし、どうしても顔を見れず、童貞化してしまうからだ。

高校2年生になって一気にハロープロジェクト一本に乗り換える転機がやってくる。スマイレージという今後一生現れないであろう大天使四人組のグループが存在した。
スマイレージモーニング娘。のお姉さん感とは真逆の同世代の中高生アイドルだったため親近感が湧き、同世代なのに凄いなあという憧れではなく"尊敬"の眼差しで応援していた。
私はそのスマイレージ小川紗季のファンだっだ。小川紗季のオタクになって初めて渋谷のハロショへ行った。小川紗季嗣永桃子の写真を大量に購入し、毎日それを眺めた。
他の人が見えなくなるくらい小川紗季が好きだったが、小川紗季スマイレージを真っ先に卒業してしまった。
小川紗季をメディアで追いかけるにあたり欠かせない番組があった、それはテレビ東京おはスタだ。彼女はおはスタおはガールであったのだ。
そして女子学(ハロモニの後継番組)も見ていた私はモーニング娘。の9期オーディションが開催されることも知っていた。

モーニング娘。の9期オーディションの結果が発表され、私はある女の子に一目惚れしてしまったのだ。生田衣梨奈、14歳。今まで出会った中の誰よりも魅力的で、人生で一目惚れをしたのはこの一度きりだ。
私がこの子だけと言っていた小川紗季の卒業がきっかけでおはガール生田衣梨奈に変更された。生田衣梨奈について語り始めると朝になってしまうので彼女が泣き虫ポンコツからグループの柱的な存在になったという話は置いておこう。

ハロプロ沼にどっぷり浸かった私だがハロプロタイム(美女学の後継番組)を見て、°C-ute世界一HAPPYな女の子にハマり、発売記念イベントに参加することになった。
初めてのハロプロ、初めての°C-ute、初めてのZeep Tokyo、1人でとても緊張した。
ハロプロのオタクは、AKBの雰囲気に比べ穏やかだった。(年齢層もあると思うが)落ち着いていて、タイガーなんとかジャージャーと言うこともなく、お決まりのコールがあるわけでもなく、楽しそうに笑顔で光る棒を振っていた。
アイドルはもしかしてオタクに"癒し"を届けてるのかもしれない、そう思った。

その後大学に進学し、本当にいろんな現場へ行った。本当に思い出せないくらい沢山アイドルに会いに行ったが、ほとんどはハロープロジェクトだった。
アイドルを崇拝する気持ちは強かったが、大学を卒業してもなかなかオタクに対し"怖い"、という感情は払拭されなかった。

私がアイドルオタクが仲間だと思い始めたのは、就職してからだ。働き始めると職場と家の行き来で1日の楽しみというものが無くなってしまう。明日も仕事か、と思うだけで気持ちが疲れ、癒しを求めるも何処にもない、いや何処かに落ちてたら教えて下さい。というレベルで日々疲れていた。
社会人になってアイドルに会いに行くモチベーションが下がり、パタンと現場へ行かなくなってしまった。

今年の6月、モーニング娘。の春ツアーファイナルへ行けることになり、久しぶりの武道館、久しぶりにモーニングのツアーを見た。
私はその時初めてアイドルだけではなくオタクに感動した。周りはほとんど皆働いているのだ。日々辛い思いをしながらも、笑顔でアイドルを見つめ、武道館は多幸感で満ち溢れていた。必死で振りコピをするサラリーマンたちを愛おしく思えたし、ここまで大人を元気にさせるアイドルの凄さ、オタクの1つのことに打ち込む熱心さに本当に感動した。
オタクはみんな、この子達に会うために毎日頑張ってるんだな、と思ったら"オタク スキ ナカマ"という言葉しか頭に浮かばなく、語彙力が低下に低下を重ねた結果のような出力脳みそになってしまっていた。

6月のモーニング娘。のライブの後も様々なアイドルの現場に行った。どこに行ってもオタクは笑顔で元気に遠征をし、元気に声を上げ、元気に動き回り、終演後は明日からも頑張れるわ!と笑顔でその日の感想を話していた。
私はオタクが笑顔でいることがすごく嬉しかった。笑顔で満ちた空間がすごく嬉しかった。どこにいっても"私、オタク好きだ"って心から思えた。

アイドルはファンを気持ち悪い、裏で悪口を言っている、などいう人もいるが、私はオタクも幸せな空間を作る演者の一部だと思っている。きっとアイドルも同様にオタクに対し不快な思いをする人は少ないのではないかと思う。
たしかに厄介オタクと呼ばれるアイドルを不快にさせ喜ぶオタクも世の中にはいるのですべてのオタクに対しての好感的だとは思っていないが、純粋に楽しむオタクに対して気持ち悪いと思うアイドルは少ないだろう。

オタク、と呼ばれる人間は周囲からの視線には負けず正々堂々と生きて欲しい。1つのことに熱中し、素直に応援するのはカッコいい。オタクはモテない、というのは嘘である。きっとオタクをしている対象から、あなたはモテモテですよ。胸を張って幸せになりましょう。
私は一生オタクをします。私の一生をアイドルへ捧げ、幸せの恩返しをしたいと思います。オタクは本当に楽しい!!