ぶひまる雑記

生まれてから死ぬまで使用するトイレットペーパーはどのくらいの長さになるんでしょうか

松岡修造の凄テクに耐えたら30万円

太陽という言葉のほぼ同意語、そしてメンヘラという言葉の対義語として親しまれている松岡修造という人間がいる。


人間が明るく生きる上での教科書的な人物、松岡修造が辛くなった時どうやって乗り越えたか、それを知れたら我々メンヘラの救いになるのではないかと思い、松岡修造流メンヘラ克服メソッドを調べてみた。
アダルトビデオ風に言うと松岡修造の凄テクに耐えたら30万になるだろう。


f:id:kkkkk_10_15:20180910211940j:plain


手始めにGoogle先生で「松岡修造 人生観」で調べたら彼の著書、人生を変える修造思想!と解くだけで人生が変わる! 修造ドリルの2つがトップに出てきた。彼の著書のタイトルにはエクスキューションマークをつけるが必須なのだろう。

これは松岡修造なりの凄テクの一つなのだろうか、買えという暗示に感じた。買おう。


次に「松岡修造の辛い時」で検索を行った。松岡修造の著書と共に辛い時期を経験している人間に向けた松岡修造の名言がまとめられたページが出てきた。松岡修造に辛い時は無かったのか、または見せなかったのか、それが人間としての強みなのか。

ここで私は松岡修造になることは不可能なのではないかと思い始めた。私という存在は松岡修造以外の凡人と同じということに憤りを感じた。私は松岡修造にはなれないという現実をGoogleに突きつけられている。


Simple is the best、松岡修造という人物の歴史から知るのが手っ取り早い。愚者は経験から学び賢者は歴史に学ぶ、ということからWikipedia先生に松岡修造の歴史を見せて欲しいと頼んだ。

今まで何度か松岡修造のWikipediaを拝見したことがあるので私は知っていた。彼はかなりの名家に生まれ、名家として生きることを自分の意思で捨てテニス一本で過ごしてきた。だがゆっくり熟読したことはなく、インターネットの海の中Wikipediaの松岡修造ページに松岡修造流メンヘラ改善メソッドがあるのではないのか。


松岡修造について興味深い、彼の転機になったであろう出来事が記されていた。彼は日本でもかなり有名な名家のボンボンなので幼稚舎から慶應慶應義塾高等学校へ進学するが、中三の頃に麻雀にのめり込み、麻雀ダコができるほど麻雀ばかり打っていた。

本当に羨ましい生活だ。何不自由のない環境、慶應、そして麻雀。しかも麻雀にハマる理由がその場で勝敗が決まるからだという、テニスのほうがすぐに勝敗が決まるのではないか、麻雀は東場南場と1ゲームがかなり長くなるのになと突っ込みたい気持ちでいっぱいになった。


麻雀に明け暮れた修造少年は、「こんなことばかりしていていいのか?」「テニスがもっと強くなりたいと思っていたんじゃないのか」「目標のないまま大学に進学し、成り行きで就職して社会人になるのか。そんな人生でいいのか」と自問することがあった。らしい。

そして「自分が本当に好きなものはテニスなんだ」という事に気付かされた松岡は、そうしたぬるま湯的環境(松岡はこれを「甘え地獄」と呼ぶことになる)からの脱却を図った、らしい。


何不自由なく育ってきたボンボンの家庭を、自分が一番好きなテニスや自分の意思で捨てることが最も大事なのではないかと若干15歳で悟ってしまう。大事なのはスポ根なのか?


好きな作家太宰治、嫌いな作家中原中也中原中也は嫌いだと言っていたと書いてあるのをみて、松岡修造は太宰治なんて読まないし嫌いなんて言葉発しないでしょ…と思っていたら別窓でエレファントカシマシのボーカル、宮本浩次Wikipediaのページを開いていたことに気づいた。納得した。

ちなみに彼は急須をたくさん所持しているらしい。この宮本浩次トラップも松岡修造の凄テクの一つなのだろうかと非常に感心した。

最終的に私は、松岡修造について必死に調べていたものの、ふとバイクが欲しくなりバイクに熱中してしまった。いまの私が陥っている甘え地獄からの脱却はバイクにかかっているのではないか。


私が本当に好きなものはバイクかも知れないのでバイクを買うために頑張って新たな環境で働こうと決意ができた。これでわたしも松岡修造に近づくことができた。大きな進歩だ。次は右利きになる努力を始めようかと思う。


ありがとう、修造少年。ありがとう、修造。
愚者は経験から学び、賢者は歴史に学び、メンヘラは松岡修造に学ぶ。

オタクに対する感情変化について

だいぶ長くなるが、私のオタク遍歴とオタクに対しての感情の変化について述べたいと思う。

私は紛れもなくオタクである。オタクと言っても様々な種類があるが、その中でもアイドルオタクをやっている。

私がアイドルオタクを始めたきっかけからまず話そう。中学生の頃ジャニーズについてJUGEMブログで情報を収集・発信をしていた。そこでジャニオタの友達からBerryz工房ギャグ100回分愛してください!を勧められる。ここで嗣永桃子に魅了された。
当時はBuono!のロッタラ!ロッタラ!がリリースされた時期で嗣永桃子がいるBuono!にハマった。そこからAKB48ブームの時代がやってきた。

Berryz工房にハマった私がAKB48を好きになるのは非常に容易ですぐ河西智美に釣られた。高校生になり、ハロモニを見ながらAKBのオタクをしていた私は(ちょうどモーニング娘。ペッパー警部を出した頃)隣の県でAKBの全国握手会があることを知り、大声ダイヤモンドの握手会へ出向くことになる。私の初現場だ。
そこで初めて見たオタク達は怖いキモい臭いの3Kでいい印象は全く持たなかった。なんで好き!と叫んでいるのか、タイガーなんとかジャージャーとは何か。なぜいい大人が少女に夢中になれるのか全く理解できなかった。その時私はアイドルを"憧れ"という目で見ており、オタクという存在を度外視していたのだ。

オタクに対する3Kの気持ちがあったが、この後私は高校2年生になるまでAKBの個別握手会にも数回参加する。オタク同士の界隈というものが怖く、1人で俯いてレーンに並んだことを覚えている。何を話したかは覚えていない。好きな人の前では上手く話せないし、どうしても顔を見れず、童貞化してしまうからだ。

高校2年生になって一気にハロープロジェクト一本に乗り換える転機がやってくる。スマイレージという今後一生現れないであろう大天使四人組のグループが存在した。
スマイレージモーニング娘。のお姉さん感とは真逆の同世代の中高生アイドルだったため親近感が湧き、同世代なのに凄いなあという憧れではなく"尊敬"の眼差しで応援していた。
私はそのスマイレージ小川紗季のファンだっだ。小川紗季のオタクになって初めて渋谷のハロショへ行った。小川紗季嗣永桃子の写真を大量に購入し、毎日それを眺めた。
他の人が見えなくなるくらい小川紗季が好きだったが、小川紗季スマイレージを真っ先に卒業してしまった。
小川紗季をメディアで追いかけるにあたり欠かせない番組があった、それはテレビ東京おはスタだ。彼女はおはスタおはガールであったのだ。
そして女子学(ハロモニの後継番組)も見ていた私はモーニング娘。の9期オーディションが開催されることも知っていた。

モーニング娘。の9期オーディションの結果が発表され、私はある女の子に一目惚れしてしまったのだ。生田衣梨奈、14歳。今まで出会った中の誰よりも魅力的で、人生で一目惚れをしたのはこの一度きりだ。
私がこの子だけと言っていた小川紗季の卒業がきっかけでおはガール生田衣梨奈に変更された。生田衣梨奈について語り始めると朝になってしまうので彼女が泣き虫ポンコツからグループの柱的な存在になったという話は置いておこう。

ハロプロ沼にどっぷり浸かった私だがハロプロタイム(美女学の後継番組)を見て、°C-ute世界一HAPPYな女の子にハマり、発売記念イベントに参加することになった。
初めてのハロプロ、初めての°C-ute、初めてのZeep Tokyo、1人でとても緊張した。
ハロプロのオタクは、AKBの雰囲気に比べ穏やかだった。(年齢層もあると思うが)落ち着いていて、タイガーなんとかジャージャーと言うこともなく、お決まりのコールがあるわけでもなく、楽しそうに笑顔で光る棒を振っていた。
アイドルはもしかしてオタクに"癒し"を届けてるのかもしれない、そう思った。

その後大学に進学し、本当にいろんな現場へ行った。本当に思い出せないくらい沢山アイドルに会いに行ったが、ほとんどはハロープロジェクトだった。
アイドルを崇拝する気持ちは強かったが、大学を卒業してもなかなかオタクに対し"怖い"、という感情は払拭されなかった。

私がアイドルオタクが仲間だと思い始めたのは、就職してからだ。働き始めると職場と家の行き来で1日の楽しみというものが無くなってしまう。明日も仕事か、と思うだけで気持ちが疲れ、癒しを求めるも何処にもない、いや何処かに落ちてたら教えて下さい。というレベルで日々疲れていた。
社会人になってアイドルに会いに行くモチベーションが下がり、パタンと現場へ行かなくなってしまった。

今年の6月、モーニング娘。の春ツアーファイナルへ行けることになり、久しぶりの武道館、久しぶりにモーニングのツアーを見た。
私はその時初めてアイドルだけではなくオタクに感動した。周りはほとんど皆働いているのだ。日々辛い思いをしながらも、笑顔でアイドルを見つめ、武道館は多幸感で満ち溢れていた。必死で振りコピをするサラリーマンたちを愛おしく思えたし、ここまで大人を元気にさせるアイドルの凄さ、オタクの1つのことに打ち込む熱心さに本当に感動した。
オタクはみんな、この子達に会うために毎日頑張ってるんだな、と思ったら"オタク スキ ナカマ"という言葉しか頭に浮かばなく、語彙力が低下に低下を重ねた結果のような出力脳みそになってしまっていた。

6月のモーニング娘。のライブの後も様々なアイドルの現場に行った。どこに行ってもオタクは笑顔で元気に遠征をし、元気に声を上げ、元気に動き回り、終演後は明日からも頑張れるわ!と笑顔でその日の感想を話していた。
私はオタクが笑顔でいることがすごく嬉しかった。笑顔で満ちた空間がすごく嬉しかった。どこにいっても"私、オタク好きだ"って心から思えた。

アイドルはファンを気持ち悪い、裏で悪口を言っている、などいう人もいるが、私はオタクも幸せな空間を作る演者の一部だと思っている。きっとアイドルも同様にオタクに対し不快な思いをする人は少ないのではないかと思う。
たしかに厄介オタクと呼ばれるアイドルを不快にさせ喜ぶオタクも世の中にはいるのですべてのオタクに対しての好感的だとは思っていないが、純粋に楽しむオタクに対して気持ち悪いと思うアイドルは少ないだろう。

オタク、と呼ばれる人間は周囲からの視線には負けず正々堂々と生きて欲しい。1つのことに熱中し、素直に応援するのはカッコいい。オタクはモテない、というのは嘘である。きっとオタクをしている対象から、あなたはモテモテですよ。胸を張って幸せになりましょう。
私は一生オタクをします。私の一生をアイドルへ捧げ、幸せの恩返しをしたいと思います。オタクは本当に楽しい!!

マックミラーが死んだ

土曜日の昼、Twitterを開くとマックミラー死亡の文字。血の気が引いた。わたしの知ってるマックミラーじゃない人間だと思いたかった。だが、アルバムを発売したばかり、ツアーも決まっていたしラップが好きなことは知っていたので自殺ではなく薬物で死んだんだろうなとニュースの詳細を見ずにもすぐ分かった。


彼は10代からアメリカでトップで走り続けてきたと同時にドラッグもやめなかった。年々老けゆく顔はドラッグの危険性を知るのに簡単だった。
こちらはデビュー当時、2011年のマックミラー(18)だ。

f:id:kkkkk_10_15:20180908211951j:plain

少し老けているかもしれないが少年らしさは残り、あどけない顔をしている。

こちらは最新のマックミラー(26)だ。

f:id:kkkkk_10_15:20180908212011j:plain

26歳には見えない。おじさん、ちょっと間違えたらおじいさんだ。
どれだけの薬物を摂取したらこうなるのだろうか、自分で自分を壊していることに気づかなかったのだろうか。薬物はこんなにも人の細胞を退化させ、死にも至らせてしまう。

ドラッグをやっていたとしても彼を大好きだった、いや、今も大好きだ。癖のある声と韻の踏み方、繋げ方すべて心地よくてラップを好きになったきっかけは彼だった。
高校生で自らテープを大量に作り、さまざまなレーベルに送り、自信満々に自身のラップを披露する動画を以前見たことがある。それを見てラップが純粋に好きで多くの人に聞いてほしいという彼の気持ちが伝わり、一気に好きになった。
そして、その時からまだ進化し続けていた。だが、進化が止まってしまったし彼の新譜を聞く楽しみを失った。死んだんだ、本当に。

好きなアーティストが好きな時に死んだのが初めてでどうしていいかわからないし曲を聴いても本当に死んだの?まだ生きてんだろって思う。これからも聞くことで心の中で生き続けるなんていうけど、会えないのに、もういないのにこれ以上好きになりたくない。時間をかけてR.I.Pと心から言える日は来るのだろうか。ただただ悔しい、その一言だけです。

御社でうんこしろ!

ここ最近毎日のように外に出て御社に向かっている。いい面接だったな、勉強になったな、と思う企業もあれば、なんだこの会社…と思う企業もある。

しかし私は気づいた。このような鬱憤も御社のトイレでうんこをすれば晴れるということを。


機械的な嫌な面接をされる時もあるし、私のこと何もわからないくせにお祈りしやがって!と思う時も沢山ある。それに毎日のように転職活動をしていると気が滅入る。非常に滅入る。

転職活動は過程でしかないし、内定も過程でしかないし、ゴールじゃないのに、過程で失敗する自分に腹立たしく思う時が多い。じゃあゴールはなんなんだ?と思うかもしれないが、私にとってのゴールは周りに評価され続けることと、うんこだ。過程は大事じゃない、大事なのはゴールだ。

話が逸れたが、御社でうんこをすることで日々のむしゃくしゃした気持ちを晴らしている。
祈りされたところで、まあ御社でうんこしたしな、と思えばうんこだけでもさせて頂いた、うんこという点で結果を残せた、と気が楽になるし、通過したとしても御社でうんこしたから運がついてるよ、業績も上がると思う、このまま内定行きましょう、と非常にポジティブになれる。

会社でうんこをすることは非常に有意義な時間の使い方であると思う、つまり言い換えるとうんこをしてる時間も金をもらえると言える。こんな日本は最高だと思う。うんこをするという行為は生理的現象であるのでうんこ休憩を設ける会社はない。
生理的現象であるにも関わらず1人になりリラックスできる、そんな時間うんこ。日本人が忘れかけているのはうんこの重要性ではなかろうか。

パイパンの話に次いでうんこかよと思うかもしれないが、うんこが私の中で大きなバイタリティやモチベーションの維持となっていることをわかって欲しい。
何をされても、御社の陣地でうんこをしたという事実は変わらないのだから。

現代の人気者レペゼン地球について

レペゼン地球というグループをご存知だろうか。今の10代から20代前半にかけて知名度の高い、平成の卍集団であり、メンバーの誰1人私の生きる環境のなかに接点は全くないだろうと確信できるDJ集団がレペゼン地球だ。


彼らは福岡のイベント団体から有名になってるドームで公演をしたいという夢を果たすために、YouTubeに動画を投稿している。
私が彼らを知ったのは、DJ社長(主宰)のテキーラ一気飲み動画を見てからだ。凄まじい勢いでテキーラを体に流し込み同じ勢いで排出する。まるで刺胞動物だ。
嫌な顔1つせず喜ぶ彼らを見て思った、これは本物の陽キャラだ、と。

彼らが一番バズったのは主宰ことDJ社長が40分にも渡る自分語り動画をYouTubeへ投稿した時だった。私も彼の話の巧さに感銘を受け、40分間彼に引き込まれてしまった。
私がその動画を見たことを彼氏に話した。DJ社長、凄いよ。と。彼氏は動画を少し見てからびっくりするようなことを言った。この人の話し方ヒトラーと一緒だね、と。流石ドイツ語学科卒業の彼氏は例える人間もドイツ人だった。
ヒトラーもDJ社長もどちらとも非常に早口で同じ内容を、例え話を交えたり言葉を変え何回も話していることがわかった。
他にもヒトラーとの共通点は沢山ある。例えばヒトラーの演説にはテーマがあり、それを何度も述べたと言うが、そうすることで聴衆が覚え、その言葉に対し共感を示す。DJ社長の場合は、努力、借金、ドームで公演、この3つだろう。

彼らはこのバズった動画から更に勢いを増したが、利きオナホの動画がきっかけでYouTubeのアカウントを運営に削除されてしまう。わたし的にはアナルローター肝試しの方が衝撃的だったが、まあそのような過激な動画が盛りだくさんであったため、運営も削除せざるを得なかったのだろう。
しかし、流石人気者というように約1ヶ月でチャンネル登録者数100万人というYouTuber史上初の偉業を成し遂げた。
更に彼らの人気は増し、楽曲のサブスクリプションへの参入を果たし、Zeep Diver Cityでの公演のチケットが即ソールドアウトとなる。高額(10万はザラだった)で取引されるほどの人気に。

レペゼン地球の人気の理由はDJ社長のカリスマ性に加え、他のメンバーも揃ってイケメンなこともある。
歌舞伎町にいる女やバンギャが好きそうな ふぉい、渋谷のギャルや夏になるとエロい水着を着て九十九里に行くギャルが好きそうな銀太、銀座のママやヨチヨチ系姉ギャルが好きそうなりゅうまる、レペゼンの知識でマウンティングを取る中高生が好きそうなマイナーどころ脇、とオールジャンルの女性から支持を集めそうなルックスで揃えているのだ。DJ社長のルックスについては言わないでおこう。
私は銀太推しなので実質渋谷に生息し夏には九十九里ビーチへ向かうギャルということになる。晴れて陰キャラを卒業してしまった。

今回挙げたのは、DJ社長のカリスマ性とメンバーがイケメンということだけだが、ここまで人気が出るということは10代20代の若者社会が心のどこかで陽キャを求めているからなのではないか、とこっそり思っている。
世の中が発展していくにつれて将来の選択肢が増えてしまった若者達は、はっきりとした夢に向かって活動している等身大の人間、レペゼン地球をベンチマークとし夢を模索しようとしているのではないのだろうか。世の中全員が'"好きなことをして生きていく"ことは難しいと思う。だが、好きなことを模索して見つけたらそれは生涯の宝物になるだろう。

パイパンの迫害について


公衆浴場に行った時、服を脱いで湯に浸かる。
次の湯に浸かろうと湯船から出た時、周りからの特異な視線によって気づいたのだ。I am a Paipan.
1人くらい同士はいるだろうと思ったが私しかいなかった。あたかもわたしがエイリアンかのように感じた。
パイパンは悪くないし、陰部を誰よりも愛し、大切に思っている。自身で何もおかしいところはないと思い堂々としていたので湯船から出るまで特異な目で見られていることに気づかなかった。
この公衆浴場陰毛部門では私は圧倒的マイノリティであることにその時気付いた。

世の中にはマジョリティ、マイノリティの二種が存在し、マイノリティの中にも正誤で分けられるマイノリティがあると思っている。

正のマイノリティは、社会的制裁を受けた、受けるべきであるマイノリティだ。犯罪者、詐欺師、薬物乱用者、など法から逸した場合はこのマイノリティに定義されるだろう。
誤のマイノリティは固有名詞を用いられ誰に迷惑を掛けるわけでもないのに差別されてしまうマイノリティだ。性同一性障害、タトゥーなど人に迷惑をかけていないにも関わらず周囲からは変な目で見られる。

タレントのりゅうちぇるがタトゥーを入れたことが問題になった。家族を守るというのに家族間輸血ができないだろう、子供を守るというのにプールに入れないがそれでも父親の鑑というのか、元は非人道的な人間が入れるもので社会から認められるものではない、そのようなワラエル批判でりゅうちぇるSNSは溢れかえっていた。
三者からの指摘なんて知ったこっちゃないし、さらに言えばりゅうちぇるがタトゥーを入れようとプールに入れないだろうと私は知ったこっちゃない。
Instagramにモデルやタレントが髪を染めました♡と載せるのとなんら変わりないのにタトゥーになった瞬間なぜここまで炎上したのだろうか。

問題はマジョリティにある可能性も高い。人が決意を決めて自分の内に秘めたことを発表することに対して、へーそうなんだ、そういう人もいるよねと理解を示せない感情はどこからやってくるのだろうか、世間一般のマジョリティが正しいと思う感情がそもそもマイノリティなのではないか。世間一般から外れているから排除した視線で見る利己的な行為を非難すべきだと思う。

この誤のマイノリティになるにあたり自分はおかしいのではないか、周りと違うことが恥ずかしい、打ち明けられないと思うだろう。
でも変な目でみてくる人よりも自分でいっぱいいっぱいの人が多い世の中そこまであなたを気にしてはいないし、人に伝えることや気づいた本当の自分の気持ちに対して覚悟を決めることはない。

うまくまとまる事はないと思うけどみんなが認められる多様性社会は世界中どの国においても一生来ないと思うし、パイパンからここまで考えてしまった私もきっとマイノリティだし、どうにかしたいと思ってもできないことがもどかしい。パイパンをやめるつもりもない。

女子大生のギャンブル

ギャンブル、その中でも1番メジャーなパチンコ… それは高田馬場あたりで大学生が昼間からパチンコ屋に入り浸るイメージ… というのは偏見で、タバコの煙がホール内に充満し、爆音の中イライラしながら帰る人、ニコニコしながらTUCに向かう人そんな格差社会が生まれる場所だと思ってます。


ここでは私のギャンブル処女を奪われた経緯について説明します。ちなみにお父さんは生粋のパチラーです。血です。これは遺伝です。あと周りの環境です。

わたしが初めてスロットを覚えたのは大学3年生の時。いつめんの男友達と飲みに行くことになり、時間まだあるからちょっと売ってこうよと誘われ足を入れた。

動体視力も反射神経も運動神経もなに一つない私はなにこれめっちゃむずい 目打ちとか無理…と思って、運だめし感覚しか打たなくなりました。ジャグラー1000円女というニックネームがつきました。


メジャーなギャンブルの二つめ、それは麻雀。麻雀は大好きです。大学3年生の時(またか…)夏休みに友達の家で連夜4人集めて覚えました。私が好きなあがりかたは七対子です。かわいくないですか?手牌が。


もうここでお察しでしょうが、競馬にも手を出しています。初めて競馬に手を出したのは競馬オタの友達がきっかけです。今でも、わたしはタバコ買うくらいなら馬券買ったほうがいいと思ってます。それでタバコ辞めたいとも思ってます。でもきっと辞めれない。

競馬デビューは割と新しく去年の有馬記念です。競馬オタの友達のいつも賭ける馬が2着になった時次は1位になる、というジンクスに乗っかりサウンズに賭けました。まあ結果は2位でした。単勝でしか買ってないので、悔しかった…

昨日、メイショウカノン、賭けようかと思ったんですけどウインズ行く時間なくて無理でした。メイショウカノン2着でしたね… 単複買えばいけたな。


クズ…